FC2ブログ

olivine-label note

日々の感想をつらつら。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母と母の食に関する考察
先週末は、冬物を取りに帰省しておりました。

ちょうど、大阪に住んでいるおじさん(じいちゃんの弟)が同窓会で富山に来ていたので、土曜日の夜、家族でちょっといいお店でごはん会でした。

お料理は見たこともないものがたくさん出て、すごくおいしかった。
お高いだけあります。

しかも、量もハンパない。
炭水化物だけでも、3種類はありました。
次から次へと出てきて、最後の方はほとんど手つかずで残したものもありました…もったいない。

だから、いつもの質素な夕食からみたら、3倍の量は食べたのじゃないかなと。

私は夕食を食べ過ぎたら、次の日の朝食を食べない事が多いです。
胃がもたれてる気がするから(歳のせいかな)。

でも、母は違いました。
「次の日の 夕飯 食べない」宣言をしていました。
多分、朝食・昼食は普通に食べるつもり。
「なんで夜?」と聞くと、
「だって夕食を食べない方がダイエットになるでしょ」と。
ちょっと びびった。


私の母は、すっごく痩せてて体脂肪率も10%前半くらい。
なのに、常に食事に気を付けて更なる高みを目指しています。

間食は絶対しないし(職場でもらうお菓子も、すべて持ち帰って祖母にあげている)、昼食は一般人の半分ぐらいしか食べないし(外食で間食しているのを見た事ない)、夕食時のごはんはリアルに3口ほどしか食べないし、おかずも好きなもの意外はほとんど食べない(多分、自分一人だったら漬け物とごはんで済ませてしまういきおい)。
仕事に余裕があったときは、スポーツジムにも通っていました。

確かに小柄ではあるけれど、あれだけの食べ物でよく生きれるなと不思議に思います。
母が何を目指しているのかさっぱりわからん。

娘の私にもあの精神が伝わっていればよかったのに…とちょっと思うけど、食べる事大好きの私には、あまりにも燃費が良すぎるのもどうかなとも思う。
母の若い頃は「痩せていればいるほど美しい」という考え方が浸透していたのかな。
それとも食べる事に執着がないのか。
好き嫌い多いし、食に関しては保守的だからなぁ。


我が母親ながら、変な人だなと思います。
元気でいてくれたら、まぁいいんだけど。
そのうち骨と皮だけになって、風に吹かれて倒れちゃいそうな気がする…。
体脂肪率10%前半って!すくない!

女性であるかぎり,いつまでも美しくいたい,というがきちゃんMAMAの志はウチの母にとても見習って欲しいところです。
ウチの母はさいきん,出かけるときもメイクしなくなってきた…

わたしもジムに通ってみたいなぁ。
ただ体重を落とすよりも,引き締まったBODYにしたいもんよ。
家にいて腹筋とか背筋とか…すぐ諦めちゃって続かない!
母の体型が美しいと言っていいのかははなはだ疑問であります…。
母を見てると痩せ過ぎももよくないんだなって分かる。

ジム通いってなんか憧れちゃうよね。
私は母と一緒に一回だけ行った事があるんだけど、あの雰囲気に馴染めず、ずっと同じ機械(自転車こぎ)に居座って大人しくしていた記憶があるわ。
歳とったときのために、最低限の体力は付けておきたい~。
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://ued444.blog37.fc2.com/tb.php/204-a6a9f2dc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。