FC2ブログ

olivine-label note

日々の感想をつらつら。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父と父の食に関する考察
うちの父は、母とはまったく違う意味で食に対して気を使っています。
いわゆるグルメで、料理もします。

ちょっとやそっとのモノでは、滅多においしいと言わない。
自分で作った方が断然おいしいと思っている。

特にパスタが好きで、毎週土曜日のお昼は自分の好きなパスタを作って母ともりもり食べています(母の3倍は食べる)。
「定年になったらレストランでも開いたら」
と私が冗談めかして言うと、まんざらでもない様子だった。

夕飯がつけ麺だったときも、市販のスープに色々手を加えて、焼豚も自分で作ってました。

納豆や麺類にかける薬味がないと怒ります。


おいしいものっていうとお値段が高いイメージがあるけど、普通にジャンキーなものも好き好んで食べてます。
インスタントラーメンとか、冷凍ピザとか。
でも、作ってそのままではなくて、必ずオリジナルの味付けをしてから食べます。


確かに、父の作る料理はすごくおいしいです。



でも、先日母から聞いた話でちょっとびびった。

父が「おいしい」という数少ないラーメン屋さんで両親がラーメンを食べているとき。
「最近のこの店の麺、古い小麦粉を使ってるからおいしくなくなった」
と父がのたまったそうな。

なんと…父の舌は小麦粉の新しい古いが区別できる程のレベルにまで達しているのか…!
私は太麺細麺の区別ぐらいしかできんよ。


よりおいしいものを食べたいって思うのは普通の事だし、舌が肥えるのは別に悪いことじゃないと思う。
けど、今までおいしいと思っていたものとか周りの人がおいしいと食べているものが、自分だけおいしくないと感じる様になっちゃうのは、ちょっと寂しいよなぁ。

きっと年相応の経験値があるから、「おいしい」と「ふつう」の区別が厳しいんだろう。
それに、歳とると味の好みにうるさくなるって言うしね。


世の中に「おいしい」と思える食べ物が減ってっちゃうのは嫌なので、舌のレベルを上げすぎない様に気を付けたいと思います。
と思うけど、どう気を付ければいいのか分からないわ(苦笑)。
だっておいしいもの食べたいもんねぇ。
スポンサーサイト
母と母の食に関する考察
先週末は、冬物を取りに帰省しておりました。

ちょうど、大阪に住んでいるおじさん(じいちゃんの弟)が同窓会で富山に来ていたので、土曜日の夜、家族でちょっといいお店でごはん会でした。

お料理は見たこともないものがたくさん出て、すごくおいしかった。
お高いだけあります。

しかも、量もハンパない。
炭水化物だけでも、3種類はありました。
次から次へと出てきて、最後の方はほとんど手つかずで残したものもありました…もったいない。

だから、いつもの質素な夕食からみたら、3倍の量は食べたのじゃないかなと。

私は夕食を食べ過ぎたら、次の日の朝食を食べない事が多いです。
胃がもたれてる気がするから(歳のせいかな)。

でも、母は違いました。
「次の日の 夕飯 食べない」宣言をしていました。
多分、朝食・昼食は普通に食べるつもり。
「なんで夜?」と聞くと、
「だって夕食を食べない方がダイエットになるでしょ」と。
ちょっと びびった。


私の母は、すっごく痩せてて体脂肪率も10%前半くらい。
なのに、常に食事に気を付けて更なる高みを目指しています。

間食は絶対しないし(職場でもらうお菓子も、すべて持ち帰って祖母にあげている)、昼食は一般人の半分ぐらいしか食べないし(外食で間食しているのを見た事ない)、夕食時のごはんはリアルに3口ほどしか食べないし、おかずも好きなもの意外はほとんど食べない(多分、自分一人だったら漬け物とごはんで済ませてしまういきおい)。
仕事に余裕があったときは、スポーツジムにも通っていました。

確かに小柄ではあるけれど、あれだけの食べ物でよく生きれるなと不思議に思います。
母が何を目指しているのかさっぱりわからん。

娘の私にもあの精神が伝わっていればよかったのに…とちょっと思うけど、食べる事大好きの私には、あまりにも燃費が良すぎるのもどうかなとも思う。
母の若い頃は「痩せていればいるほど美しい」という考え方が浸透していたのかな。
それとも食べる事に執着がないのか。
好き嫌い多いし、食に関しては保守的だからなぁ。


我が母親ながら、変な人だなと思います。
元気でいてくれたら、まぁいいんだけど。
そのうち骨と皮だけになって、風に吹かれて倒れちゃいそうな気がする…。
憧れの新生活
新生活シーズンです。
昨日、一昨日が我が大学への新入生の引っ越しピークだったようで、街のあちらこちらでそれっぽい人たちを見かけました。

ジャスコに行けば、カートに買ったばかりのテーブルやクッションやカラーボックスをもりもりと積んだ親子連れ。
アパートの前では、トラックから信じられない程大量の段ボールを運び込む親子連れ。

あぁ、私も5年前はあんな事してたな、と感慨深くなります。
新生活を始める人たちは、ちょっぴり羨ましい。
大学生になるにしても、社会人になるにしても。
この気持ちは毎年この季節になると感じていましたが、今年は一層強い気がする。


就活って大学の入試とは違って「これだけやれば大丈夫」っていうラインが全然見えないから先行きが相当不透明で不安になります。
完璧だと思ってても、予想もしない事であっさりダメになる事だってあるだろうし。
早く内定もらって安心したい。

スケジュール的にはあまり忙しくはないんだけど、常に心が休まらない感じです。
特に一人でいると。

誰か一緒に遊んで~。
コントラスト
先日の寒波も過ぎ去って、昨日と今日はいいお天気です。
大半の人が想像する「青空」ではありませんが、何も降って来てないし、空も明るい。
大雪の経験があると、この微妙なお天気でさえありがたく感じれます。



昨日、赤信号中に車の中から撮った写真。
木の枝に雪が積もって、青い空と白のコントラストがキレイ。
こういう木の下は、雪解け水が雨のようにいっぱい降っていて注意が必要です。

昨日と一昨日は、またもや会社の合同説明会でした。
あまり沢山は企業は来てなかったけど学生も少なかった(雪のせいかな?)から人気企業もすんなり説明が聞けました。

年が明けていよいよ単独会社説明会とか書類の提出とかどんどん出て来てます。
明日閉め切りのエントリーシートが一枚…。
まだ名前しか書いてないけど…提出できるのだろうか。
今夜がんばって書きます。何事も始めが肝心だよね!
ちぇっく ちぇっく
最近いきなり寒くなったような気がします。
冬物の洋服、ねまき、膝掛け、などなど…冬グッズがほとんど実家にあるので、この先さらに寒くなったらどうしようと若干心配。
いざとなったら、乾燥機(ほのかにあったかい風が出ている)でしのぐしかありません。
いつか暇を見つけて実家に帰ろう。


めっきり寒くなったので、大学でも暖かい格好の子が増えました。
と同時に、なぜかチェック柄が非常に目につくように。
お昼に食堂(理系ばっかり)なんか行くものなら、そこら中チェックチェック!
2、3人グループなら必ず一人はチェック。
研究室の二個となりの席の後輩も今日はチェック。
きっと、みんな夏物のTシャツにネルシャツを羽織って、秋の肌寒さをしのいでるのでしょう。

さっき、教育棟(文系理系両方いる)の方に行ったときはそんなにチェックは目に付かなかったんだけどなぁ。
なぜに理系男子はこうもチェック柄が好きなのか。
ひとつの謎であります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。